東京の中絶手術 費用

東京の中絶手術費用と病院選び

東京の中絶手術費用と病院選びについて

 

東京の中絶手術の費用と病院選びについて

日本の医療制度には、保険診療と自由診療の2種類があります。保険診療とは、国民保険や社会保険といった患者が加入している保険が、医療費の一部を負担してくる診療のことをいいます。従って、患者が支払う医療費は、全体のうちの何割かで済むというわけです。

 

山手大塚レディスクリニック

通話無料ダイヤル⇒ 0037-6164-0019

完全予約制無痛中絶

 

 

また、保険診療適用内の医療を受けた場合、その医療費は全国どこの病院に行っても一律となっています。これに対して、保険適用外の医療行為を受けた場合は、自由診療となります。

 

例えば、美容整形などといった病気の治療以外の医療行為に関しては保険の適用が認められていません。この他に、歯の詰め物に関しても、保険で認められていない高価な材料を使った場合は保険の適用外となります。

 

こちらの医療費は各医療機関によって異なるのが特徴です。中絶手術を受ける場合、手術前の診療費は保険診療で扱われますが、手術自体は自由診療となっています。よって、手術費用は全て自己負担となります。

 

東京の中絶手術費用

このため、選ぶ病院によって費用に差があるのが現状です。また、手術費用は妊娠週数によって異なります。例えば、妊娠11週目くらいまでの妊娠初期と12週目以降の妊娠中期では値段が大きく変わります。

 

相場としては、妊娠初期が7万〜15万円、妊娠中期が20万円〜30万円というのが一般的です。

 

妊娠中期になってしまうと、出産と同様の方法で手術が行われることもあります。

 

その場合は入院を伴うケースもありますので、更に中絶費用は高くなります。費用を抑えるためには、妊娠初期のうちに中絶手術をすることが絶対条件といえます。では病院はどのように探せばよいのでしょうか。

 

現在、インターネット上に病院の口コミサイトや比較サイトが多くありますので、それを利用するというが病院探しの近道です。東京で中絶手術を行ってくれる医療機関を探すのであれば、自分の通いやすい地域などで絞り込むことができます。

 

また、同時にその病院の基本情報の他、実際に手術を行った方の評判を知ることができるので非常に便利なツールといえます。病院を選ぶポイントは、費用面ももちろん大切なことですが、母体への安全面での配慮を優先的に考えてる必要があります。

 

例えば、男性の立ち入りを禁止し女性のプライバシーに最大限に配慮している病院や、麻酔科を併設し無痛治療を得意にしている病院など、各医療機関がそれぞれの特徴をもっています。

 

また、医療費に関してもカード分割で支払うことができる病院もあります。これらを踏まえ、病院選びは総合的に判断をすることが賢明といえます。